シングルファーザーさんだからこそ、「まぁじっくり生きましょうなぁ。」還暦60歳!

 

40代は喪っては行けない人を失ったことで寂しくて、なにかが壊れた

 

50代は独り身生活が侘びしくて、
再婚相手が欲しくて、あるSNSにハマったりして・・・
でも後で思った。
「再婚まで突っ走らなくてよかったなぁ・・・」
本気で真剣に思ってます。
そのころに、こんな私に付き合ってくれた女性陣よ、ほんとうにありがとう。
君たちが是非幸せになっていて欲しい。

 

今から思えば、このとても愚かだった体験もいまはとても懐かしいのです。

 

更新はまれです。

 

60代は愛しているとか結婚とか再婚よりも面白楽しく一緒に生きていける人が良いのでは?

 

結婚という制度を人生の中で、いまはそれほど重要視しない自分に気がつくのです。

 

先に逝った人を気遣ったり、罪悪感のようなものを心のどっかに残しているから、じゃないんです。

 

その辺はもう片付いているのです。

 

だからこのブログなのです。

 

、となれば思い出すのは昔のお見合いもあり?

 

ちゃんと恋愛をしてから結婚するとかは重要ではないんですわ。

 

きっと最初の第一印象で「この人とは話が合いそうだな?」と思えたら、それこそお友達からお願いします。でよろしいかと、それに、何かあったとしても、あればあったでよいのです。

 

じっくり行くつもりで始めれば良いわけで、慎重ではあるけれど、それなりの経験も体験も積んできましたでしょう、という年齢が還暦なわけで、いまさら慌てることもありますまいよ。

 

だから、「良い人がいたら・・・」でよいのであります。

 

そして、いま現在って「愛人」という言葉は不倫とか浮気とかの別な表現のようで、やっちゃった人はさんざん世間から叩かれる覚悟をもたないとやってられませんよね。

 

言っておきますがMoaiは結婚生活19年で終りを迎えましたが一度もそういうことはいたしたことはございません。

 

その上で思う「愛人」という言葉の感覚でいうと、結婚の次くらいの地位? のことばだなぁ。

 

「不倫」や「浮気」という言葉は、1回だけ、から数年の年月だけの限定的な期間?もしくは回数かなって思うのです。

 

たぶん、いまが還暦という年代の受け取り方ってそうなんじゃないかなって。

 

たぶん次の70代も同じだと思うんですよね。

 

そうそう50代のその頃には、ここで書いていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました